チーズ紹介・マンステール  

今回は、通好みのウォッシュタイプのチーズの中から、ロケでもHKTの方たちがその匂いに驚いた
<マンステール>の紹介です。

マンステールは7世紀頃、アイルランドからやってきた修道士たちが牛を放牧してチーズを作ったのが始まりで、
名前の由来は<小修道院>を意味する<モナステール>といる名の街から付けられました。

その風味は周囲を何回も洗いながら熟成させるので匂いは他と比べてもきつく感じられます。
しかし中身はミルクの凝縮した甘みとコクがあり、それほど味にクセはありません。
また、クミンシードと合わせて食べるとさわやかな風味が口の中にひろがります。

食べ方は皮つきのジャガイモと、もしくはライ麦パンと合わせるのが一般的
ワインはフランスのアルザス地方の白、リースリングかゲヴェットラミネールが定番。
夏はビールとも相性が抜群です。